郵政博物館フランスの絵本たち展、スカイツリー、シエロイリオ

スカイツリータウンソラマチ内にあって観光気分も味わえる郵政博物館に初めて行きました。
お散歩好きさんには、蔵前のシエロイリオでランチ→隅田川を見ながらソラマチまで歩くのもおすすめ。Googleマップでは徒歩30分のルートですが、写真をとりながらのんびり歩くと40分以上かかります。

シエロイリオ

cielo-dej
ランチのハンバーグ、サラダつき。珍しくごはんをお願いしてみたら、どんぶりいっぱい!ボリューム満点です。

cielo-gateau-ange
ケーキセット。ふわっふわやわらかい食感のエンゼルフードケーキも、ガトーショコラもビッグサイズ!満足感がありますが、ランチの後にはさすがにちょっと欲張りすぎでした XD

cielo-skytree

シエロイリオ入口

2階(室内席)からの方がよく見えるようですが、1階テラスからもスカイツリーが見えます。

テラスは、川との間に壁があって視線を遮られているのがちょっと惜しい点ですが、水辺らしい風が心地よくて、天気が良ければ気持ちよく過ごせます。

リバーサイドカフェ シエロイリオ

隅田川を見ながらスカイツリー方面へ

隅田川とスカイツリー
橋の上でぼーっとセーヌ川を眺めるのが好きでしばらく見ていないと恋しくなりますが、隅田川のこの橋はちょっと近いものがあって気持ちいい♪観光船と塔があるところも似ています 🙂

郵政博物館

ボンジュール!フランスの絵本たち展@郵政博物館

郵政博物館は、「ボンジュール!フランスの絵本たち」展が行われている特別展示スペースと、各国の切手・郵便関連グッズの常設展示スペースからなる小さなミュゼです。

大きな美術館が好きな人にはもの足りないかもしれませんが、メインの展示会場の点数は少なめで、観光散歩もついでにできる立地なので、美術館がそんなに好きじゃない人と一緒に行くのにもぴったりです。

1930年代の絵が多めで、ナタリー・パラン、ナタリー・レテ、ブリュノ・ギベール、イリヤ・グリーンなどのものが展示されていました。私は1950-60年代の絵本は好きですが、30年代ものは未知で、ジャン・ド・ブリュノフの『ぞうのババール』以外は初めて見るものがほとんどでした。
パンフによると、「日本初出展となる貴重な原画やデッサン、冊子など約300点」だそうです。

Yves Saint Laurent 切手
↑フランスのイブサンローラン切手

常設展示のことは知らずに行ったのですが、日本の昔のポスト・ポスター・郵便局員の制服・帽子・バッグ、ドイツやフランスなどの郵便ポストや制服、ロシアの郵便人形などの雑貨など…の郵便グッズエリアと、世界各国の切手を集めた濃密なコレクションエリアがあり、意外とおもしろかったです。

切手エリアには、世界各国の記念切手と普通の切手が、昔のものから最近のものまで年代別に保存されていて、国による違いや、年代による印刷技術などの移り変わりが分かります。

日本の記念切手もきれいですが、フランスもシャガール、ビュッフェ、ドガ、ゴッホ、ゴーギャン、ルノワールなどのアートシリーズや、きれいなデザインのものが多く、可愛いものや使ったことがあるものを見つけると、ちょっと楽しくなります。懐かしくなって家で切手入れをあさってしまいました 🙂

郵政博物館 Postal Museum Japan

ドームガーデン

スカイツリー ソラマチ

Skytree

博物館はソラマチの9階。8階で外に出ると、スカイツリーが目の前に生えていて、夕日できれいな色になった空と街を遠くまで見渡せます。ツリー写真はiPhoneのパノラマ撮影なのでたぶん歪んでいると思います。

庭の奥にはプラネタリウムドームが、下にはレストランの快適そうなテラスがみえます。

ソラマチは、外国人向けとおぼしき日本土産が買えるお店も多いのですが、私が行った土曜日は、予想より日本人率が高くて逆に驚きました。

近場でも観光地に行くと手軽に旅行気分が味わえておもしろいですね。

美術展メモは開催期間終了までに間に合わないパターンが多くてあきらめていましたが、今回はぎりぎり間に合いました。

Partager ce site

シェア

Articles liés 

関連記事

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。


*