夏はフランス、冬は日本が快適な理由

夕暮れ空

東京は寒くなってきましたが、青空を見ながら日向ぼっこできる日が多いですね。
首都パリがあるイル=ド=フランス(パリ地方)の冬の寒さは、北海道より緯度が高いわりには海流の影響などで北海道ほどではないそうですが、関東以南しか住んだことがない私にはこたえます。

季節による日の長さと体感温度の差

緯度が高いだけあってフランスの夏と冬との差は、日本に比べるととても大きいです。春からだんだん日が長くなり、夏は22時でもまだ空に明るさが残り(写真)、気温も天気もよく、湿度が低くカラッとしていて本当に気持ちいいのですが、冬は逆です。
朝は通勤時間を過ぎても暗く、16時頃には夜、なんて日が多め。雨が降っていなくても濃いグレーの厚い雲におおわれて朝から晩まで暗い日が何日も続くこともあります。
空に明るさを感じられる時間が、夏は13~16時間くらいで、冬はその半分以下。へたすると一日中真っ暗です。

過去記事日光、バスタブ、カイロがないのが寒がりにはきついや、フランス住居雑感でも寒い凍えると書いてきましたが、パリでは石畳からくる冷気と乾いた冷風が体を凍らせ、太陽があまり顔を出さずパワーも弱めなので、日光という最強暖房がある関東の冬とは比べものにならないほど冷え、がっつり防寒しないと頭が痛くなったりします。

↑ 6月のパリ地方(イルドフランス)、白い雲が浮かぶ紺色の空とオレンジの夕陽。これで夜9時半ごろです。

活動できる時間

治安面でも暗いと少し安心感が下がりますし、冬は営業時間が短縮される施設も結構あります。なので、一日中いろいろ見て回りたければ、冬期をさけた方がいいかもしれません。

ノエル、大晦日&ニューイヤー

ノエル(クリスマス)時期のフランス、特にパリはきれいです。うす暗い寒空の下で光るイルミネーションやお店のデコレーションは余計暖かい感じがして、一瞬寒さを忘れます。それでも毎日見て慣れるとやっぱり寒さのパワーが勝ってきます。パリは年中あちこちライトアップされていてきれいだし… 写真をとるために手袋を外すのも面倒ですしね 🙂

フランスのノエルは、家族・親戚で集まって食事するような行事で、12月25日は家族と一緒にいられないと寂しく感じる日です。つきあっている人とイルミネーションを見てきれいな服でレストラン…という日本でのキラキラなクリスマスのイメージとはまるで違います。どちらかというと日本の正月に近いのかもしれません。

大晦日は友達とワイワイ過ごす日で、パリ市内でも数カ所で野外イベントが催されます。年が変わるのを待ちながら、私は生まれて初めて歯がガチガチして止まらない体験をしました。

イベントなのでカウントダウンがあるのかと思いきや、サラッといつの間にか日付が切り替わっている会場もあったり。
新年になったと気付いたら、友達や見知らぬ他人とBonne année!といいつつビズ(ほっぺキス)して、用意していたシャンパンを開けて、お店や家へ移動…という感じです。
私が好きなのはジャズライブのハシゴ。真夜中すぎでも特別にやっていて、お客さんもいっぱいでにぎやかさが味わえます。まぁ楽しいイベントは夏にもあるから、寒くない方がいいなと思いますが。

ピンクの夕暮れ空

雰囲気

春先から夏のヴァカンスまでの時期は、ひなたぼっこして日焼けにいそしむ人が公園に増えてきます。夜まで明るい日が続く頃セールが始まり、ヴァカンス待ちの楽しい雰囲気が漂います。
パリでは街じゅうに音楽があふれる音楽祭や、7月14日の国の祝日(革命祭)の華やかなお祭りや、映画の屋外プロジェクションなど、楽しいイベントが開催されます。

ヴァカンスの間は海辺やら外国やらどこか別の場所に行って過ごす人が多いので、パリには臨時雇用の人が増えていつもと違うモードに。夏が終わると祭りの後のさびしさのようなものがただよいます。

夏が終わると気温が下がって日が短くなり、10月になると夏時間から冬時間に切り替わります。日本との時差は冬期は8時間で、サマータイムだと7時間に縮まります。

秋冬は寒くて疲れるせいか、日照時間が少なくて脳内にセロトニンが不足するせいか、来年夏のヴァカンスがまだ遠いせいか、みんなの機嫌も全体的に何割かダウンする気がします。

フランスに行くなら… 個人的ベストシーズンは

きもちよさ、活動できる長さ、街の人の気分などを考えて、フランスに住むのも旅するのも4月から9月が一番いいなと思います。

Partager ce site

シェア

Articles liés 

関連記事

Catégorie: フランス生活||Comment(0)|Tags: , , , , ,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。


*