日光浴好きなフランスには日焼け小麦肌が作れる化粧品も多い

フランスや北欧などの人は一般的に日光浴や日焼け肌が好きという記事を以前書きましたが、
France2の番組で、太陽が出ないシーズンでも結婚式などの大事な日に小麦色の肌になれるコスメ特集をやっていました。公式チャンネルから動画が出ています。

A la plage

AVANTがビフォー、APRÈSがアフター で小麦色(というか茶色?)に見事変身した状態です。仕上がりが微妙な感じでビフォーアフター逆じゃないの?といわれそうな気もしますが、ともあれフランスではこうして太陽を浴びずに手軽に日焼け肌になれるl’autobronzantが人気です。

Autobronzantは、ナチュラルで安全性が高いといわれるサンレスタンニング(セルフタンニング)コスメのこと。栗の殻やサトウキビなどからとれる糖・ジヒドロキシアセトン (dihydroxyacetone, DHA) が肌のケラチンと反応して、太陽による日焼けとは違った仕組みで肌表面だけ日焼け色にしてくれるのだそうです。

Clarins、Lancôme、L’Oréalなどの世界的に有名なブランドから、Caudalie、Nuxeなどのナチュラル系ドラッグコスメブランドまで、あらゆるブランドから数多くのクリームやらローションやらが出ています。

日本や韓国などでは美白化粧品が人気ですし、パリジェンヌといえば色白肌、というイメージを持っている人も多いようですから、
この「純白ドレスに真っ白な肌は幽霊みたい、冬だからって晴れの日に白い肌じゃ嫌」というフランス人の感覚は、日本人にとっては意外かもしれません。ないものねだりでしょうか 🙂

オレンジにならない肌に合った製品を選ぶ、ムラにならないように塗るなどのコツがあるようで、雑誌などでもいろいろ特集が組まれています。

Autobronzants : comment bronzer sans soleil – Cosmopolitan

Autobronzant, pour bronzer sans soleil – Marie Claire

Autobronzant – Aufeminin.com

Partager ce site

シェア

Articles liés 

関連記事

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。


*